離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚したい理由を考える

離婚 慰謝料離婚したい夫婦の離婚理由はまちまちですべて違うでしょう。

結婚して夫婦で生活した時間の浅い場合では、性格が合わないという理由が多いでしょう。
お互いの性格は一緒に生活をはじめてわかることがあり、気にかかる性格の問題はお互いに認め合えればそれほど問題にならないでしょうが、年齢が若い世代は特に我慢ができないのでしょう。

離婚をしたい理由には、日常の生活習慣に原因が考えられる事があります。
お互いにこれまで育った生活環境の違いや、相手の家族や親戚との折り合いが付かないなど、生活環境の不一致があります。


離婚は年齢の若い世代ばかりでなく、近年増加している「熟年離婚」といわれるケースがあります。
「熟年離婚」を考える夫婦のケースは、似通った理由があります。
長年夫婦で連れ添ってきた妻が、これまで夫に尽くして家族のために尽力を尽くしてきたが、あと残り少ない人生の時間を、自分のために家族と離れて生活したいという願望があるようです。

この考え方を助長したものに厚生年金分割制度が改正されたこともきっかけになっています。
結果、夫の定年退職を期に、退職金をもとに夫婦別に暮らす傾向があります。


離婚理由には昔からある、他に好きな方ができたことや不倫から離婚へ発展するケースは、今も変わりません。

更に深刻な離婚の仕方では、配偶者からの暴力による離婚です。
このケースは近年増加にある離婚理由で、「ドメスティックバイオレンス(DV)」という、特に多い夫からの妻や子供への暴力が理由のケースです。

「ドメスティックバイオレンス(DV)」は、腕力の暴力に限らず、生活費を家族に渡さないといった場合や、言葉で怒鳴り散らす行為や、妻や子供に精神的にダメージを与えるなど陰湿なケースがあります。

この他では、夫婦であっても同居しないなど、さまざまな理由があります。

離婚したい理由を考える 関連記事