離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚理由の最近の傾向

離婚 慰謝料離婚理由の最近の傾向について考えてみます。

特に最近の離婚のケースとして多いものでは、高齢になってから離婚する熟年離婚の件数が増加しています。
熟年離婚の増加の理由としてあげられるものの一つに、2007年4月から施行された離婚時の厚生年金の分割制度の施行があります。

この制度は、夫婦の合意があれば婚姻期間中の厚生年金を分割して配分できる制度です。
更にこの制度は、2008年4月以降は自動的に夫婦の年金は2分の1に分割されることになりました。

この制度は単なるきっかけに過ぎず、高齢者の離婚願望は多くの夫婦が抱えていて、離婚できない驍ノ老後の生活費がないことが歯止めになっていたと考えられます。
そして、この厚生年金の分割制度が施行されたと同時に、老後の生活のめどが立ち自由になりたい夫婦の離婚が急増したものと考えられます。


近年の離婚のケースで熟年離婚と並んで多いいケースがドメスティックバイオレンス(DV)による離婚です。
このケースにおいては、配偶者からの暴力により離婚したくてもできないケースが多くありました。
しかし、この場合においてDV防止法は施行され、暴力を受ける被害者を保護する法律ができ、離婚が可能になりました。


離婚理由の多い傾向としては、子供が関係したケースも多くあります。
離婚にまでは至らなくでも、離婚の相談を受ける方が増加しています。

例えば、子供にない結婚2年以内の夫婦や、結婚10年以上の子供のたくさんいる夫婦などです。
このケースの相談者の多くは、妻である女性です。


離婚理由で昔よりあるケースでは、配偶者の浮気や不倫による離婚です。
また、女性の社会進出の機会が多くなった現在では、一度家庭に入った女性が再就職を機に離婚を考えるケースです。

昔より社旗の仕組みや構造が複雑になる分、離婚の理由やケースが複雑になっています。

離婚理由の最近の傾向 関連記事