離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚の理由についてエントリー一覧

離婚するなら強い意思を
離婚をしたいと考える夫婦が、実際に行動に移すまでには気持ちが固まらないと思います。離婚の手続きは、結婚の手続きのようにスムーズには行かないでしょう。少なくとも一緒に生活を共にしてきた夫婦が別れるのですから、話し合いをすれば情が移り手続きへはなかなか進まないでしょう。ドメスティックバイオレンス(DV)のようにハッキリとした事情があり、一刻も早く離婚したい場合は離婚手続きも進むでしょう。しかし、そうでない場合は離婚したいと奇異持ちを固めて、話し合い、それから手続きに入りますので時間は要するでしょう。...
離婚を考える前に冷静な判断を
夫婦で生活していると色々なことはあり、些細なことからけんかになることもあるでしょう。夫婦で一緒に生活していると、お互いにさまざまな不満や将来への不安もあるでしょう。日常で積み重なる不満や不安といった、満たされない欲求が離婚原因になります。少しのことで夫婦げんかになり、感情が乱れたまま離婚話に発展することはあるでしょう。本葉に離婚を考えるなら、けんかの流れで感情に流されて離婚話を持ちかけることはよくありません。離婚を本当に考えるのであれば、日にちをおくなど時間をかけてから考えることが重要です。離婚...
離婚請求と離婚決定の種類
離婚には色々な離婚の形があります。夫婦がお互いに話し合いで合意の上、離婚する場合や、離婚の話し合いが合意に至らず裁判に持ち込まれる場合もあります。離婚の場合間に第三者や裁判所が仲立ちを行います。これは公平に合意で離婚すりように導きます。このような離婚の仕方や形について考えてみます。離婚には、「協議離婚」と「裁判離婚」があります。この「裁判離婚」は更に「調停離婚」「審判離婚」「判決離婚」の三つの方法があります。「協議離婚」は離婚手続きで最も多いケースです。一般的な離婚の場合が多く、夫婦がお互いに話...
離婚の理由を定める法律
離婚したいと思うことは、夫婦が考えることで、それなりの理由があります。しかし、夫婦の間を他人が見て離婚を勧める場合もあります。夫婦がいつもいがみ合い、夫婦のどちらか、または子供に何かの被害場及びそうであれば、夫婦以外の他人でも口出しすることもあるでしょう。法律は、他人の夫婦間の離婚について訴訟を起こすことを認めています。これには、さまざまな条件があり、法律で定められています。法律は離婚について、民法や戸籍法、家事審判法、人事訴訟法などで定めています。民法が定める民法第770条について紹介します。...