離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚請求と離婚決定の種類

離婚 慰謝料離婚には色々な離婚の形があります。
夫婦がお互いに話し合いで合意の上、離婚する場合や、離婚の話し合いが合意に至らず裁判に持ち込まれる場合もあります。

離婚の場合間に第三者や裁判所が仲立ちを行います。これは公平に合意で離婚すりように導きます。
このような離婚の仕方や形について考えてみます。

離婚には、「協議離婚」と「裁判離婚」があります。
この「裁判離婚」は更に「調停離婚」「審判離婚」「判決離婚」の三つの方法があります。


「協議離婚」は離婚手続きで最も多いケースです。
一般的な離婚の場合が多く、夫婦がお互いに話し合い協議し合意の上離婚します。
この場合は夫婦双方の要求や意見が合い、争うことのなく離婚手続きが進む場合です。
もし、この協議離婚の話し合いが折り合わず、離婚が成立しなければ裁判離婚で離婚を審議します。

多くの離婚の手続きでは、協議離婚で成立しますが、このうち10%ほどの夫婦は協議が折り合わず、裁判離婚へ進みます。


協議離婚が成立しなかった場合は、家庭裁判所が仲立ちをする調停離婚をはじめます。
調停離婚は夫婦以外の家庭裁判所が仲立ちをしますので、公平に審議されます。

調停離婚を試みたが離婚に至らず、更に協議を進める場合審判離婚をはじめます。
審判離婚は、仲立ちをする裁判所が夫婦の離婚を適切と判断した場合、離婚は成立します。
しかし、離婚の決定から2週間以内に不服申し立てを行えば、その効力は失効します。

審判離婚で、家庭裁判所の決定に不服申し立てがあり、更に離婚の審議を行う離婚請求があれば、裁判離婚へ進みます。
裁判離婚は、裁判が行われますので弁護士を依頼する必要が出てきます。また、時間と裁判費用が必要になり、夫婦に負担が掛かります。

離婚請求を行う流れはおおむね、このようになります。

離婚請求と離婚決定の種類 関連記事