離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚の理由を定める法律

離婚 慰謝料離婚したいと思うことは、夫婦が考えることで、それなりの理由があります。
しかし、夫婦の間を他人が見て離婚を勧める場合もあります。
夫婦がいつもいがみ合い、夫婦のどちらか、または子供に何かの被害場及びそうであれば、夫婦以外の他人でも口出しすることもあるでしょう。

法律は、他人の夫婦間の離婚について訴訟を起こすことを認めています。
これには、さまざまな条件があり、法律で定められています。
法律は離婚について、民法や戸籍法、家事審判法、人事訴訟法などで定めています。

民法が定める民法第770条について紹介します。

1、配偶者に不貞行為があったとき。


2、悪意で遺棄されたとき。
3、生死不明な状態で3年以上経ったとき。
4、強度の精神病で、回復の見込みが無いとき。
5、その他、婚姻を継続するのが困難な重大な理由があるとき。

民法は以上の5つの事態が派生したときは、法律上、離婚の訴訟を起こすことができます。
上記した5つの条文の説明を行います。

まず、1の条文は、夫婦のどちらかが不貞行為を行った場合で、これは浮気や不倫を行った場合をいいます。
2の条文の悪意での遺棄とは、悪意、つまり故意に家庭生活を困窮させるようなことを行うことで、収入を生活費として渡さないことや、子育てや家事に協力せず家庭を顧みない行為で、通常の家庭生活を送ろうとしない行為にあたります。
3の条文は行方不明や家出などで、生死が確認できない場合です。
4の条文は、精神病による夫婦生活が困難な場合です。
5の条文については、ドメスティックバイオレンスのように暴力に悩む場合や、何らかの理由で性交ができない場合があります。
また、離婚理由でよくある性格の不一致もこれに当たります。

以上に離婚理由が該当していれば、離婚協議が裁判になっても有利に働くでしょう。

離婚の理由を定める法律 関連記事