離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚離婚の現状は増加している

離婚 慰謝料離婚の件数は増加しているのでしょうか。
最近は、テレビ報道などでも離婚の話題や、離婚に間する情報が多いように感じます。
これらの情報では、熟年離婚が急増していることや、ドメスティックバイオレンスの報道、国際結婚は生活習慣の違いが大きいので離婚しやすいなど、離婚が流行っているかのように捉えるほど煩雑しているように感じいます。

実際のところ、日本人の離婚率は減少しています。

しかしこの統計には、結婚する数の分母も減少してるので、統計のお取り方に問題があり、本当のところは性格ではありません。


この統計によれば、離婚率は平成に入ってから減少してきています。離婚率の最も多かったピークは越えています。
現在の離婚する夫婦は、3組に1組の割合で離婚しています。

しかし、先にも述べたように、この統計の数字は、その年に結婚した夫婦の数をその年に離婚した夫婦の数で割った数値ですか正確性にかけます。
それは例えば、その年に結婚した夫婦の数が減少すれば、離婚の件数に関係なく離婚率が変わってきます。


離婚と結婚の数は、社会の景気の動向にも影響していて、不況であるか好景気であるかも関係してきます。

世界では離婚についてはどのようになっているのでしょうか。
諸外国では宗教が大きく関係していて、カソリックでは教義に離婚を認めない条項があります。

世界で最も離婚の離婚率の低い国はラテンアメリカの国々で、およそ0.6%になります。次いで少ない国はイタリアで0.7%です。
それでは反対に最も血コンチルの高い国は、アメリカです。
アメリカでの離婚率は4%を超え、次いでロシアも多く4%を超えています。
日本の離婚率が2%であるのに対して、およそ2倍にもなります。

アジア圏の中国や韓国では、日本と同様に女性の社会進出が多くなり、離婚率が以前より高くなってきているようです。

離婚離婚の現状は増加している 関連記事