離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚したいが出来ない場合

離婚 慰謝料離婚は夫婦同士の意志だけで成立しない場合があります。

離婚が成立しない場合は、子供が絡む問題や不貞など感情のもつれる場合があります。

子供が関係する場合では、子供の学校の環境に影響することを考え、了承しないばあいや先延ばしになる場合があります。
また、親族の反対に遭うことも考えられます。

離婚理由が浮気が原因の場合や不倫がその原因である場合は、感情がもつれやすく、離婚をお申し出てもなかなか話し合いに応じない場合があります。
これは、配偶者が裏切られたという感情に陥り、離婚に全く応じない場合です。

離婚が成立しない場合は、親の存在が影響しているケースもあります。
これには、親の介護が必要な場合、この状況を置いて離婚することができない場合です。
親の介護については、親族の思惑が絡むような場合もあり、まして相続が絡むと更に複雑になります。

親戚の介入で離婚できないケースもあります。
離婚に対しての考えが、離婚は恥ずかしいものだから絶対に出来ないと、親族や親に反対されることもあります。
離婚は昔から世間体を気にするもので、恥ずかしいものだという捉え方はあります。
特に地方の土地では更にこれは強く、たちまち世間の噂になります。
離婚が悪いか、世間の考え方が悪いかは、古い世代と若い世代に大別されるでしょう。
しかし、古い方は強く我慢をして強く生きてきた方ばかりですから、離婚は弱い我慢が足らないと感じる女性は多いことでしょう。


離婚は夫婦だけの問題ではないことは、十分に理解が必要でしょう。
これは、離婚は夫婦だけの問題といってしまえば、全くまわりを無視した自分勝手な方々だけの事になってしまします。
結婚したときはまわりの方に祝福されて、幸せに一緒になったはずなのに、離婚するときは自分たち夫婦の問題だから口出ししないで・・・、と言っているようです。

離婚は、夫婦とこれまで認めてくれた方々に迷惑のかからないようにすることも大切でしょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚したいが出来ない場合 関連記事