離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚時に決める必要があること

離婚 慰謝料離婚の気持ちが決まり、離婚手続きを行う場合に最も重要になることは、今後の生活に必要な経済的なことになります。

今後の生活に必要なものは、まず一番に生活費です。
この生活費として慰謝料や夫婦の財産分与がありますが、慰謝料については離婚理由が性格の不一致といった、夫婦お互いに責任の所在があり、一方だけに責任がない場合は請求しません。

しかし、離婚理由がどちらかの不貞や暴力によるものであれば、慰謝料は請求ができます。
慰謝料の請求を行っても実際に全額が支払われるかは問題があります。

慰謝料の金額の査定は、結婚年数や収入、離婚原因となった理由で金額は変わります。

歳算分与の請求は、夫婦で生活して得た財産に対して、分与の請求を行うもので預貯金や不動産や株券などの分与の請求を行います。

離婚の請求の中で最も重要で気がかりなことが、子供の親権と養育費です。
子供の親権は、多くの例から母親が親権を持つことが通例のようですが、離婚の理由が母親の不貞や経済的に困難な場合は、子供の親権は父親が受けることもあります。

子供の親権を父親が受ける場合の子供の養育費は請求されない場合があります。
これは女性が社会的に経済力が男性より劣る部分が考えられます。
ただ実際には夫婦で協議の上決められることですから、通例はありません。

子供の養育費については、もっぱら父親である男性に責任の多いことがあり、養育費の支払われる方向は父親から母親へ支払われるケースが多くなります。

養育費は母親と子供が今後生活していく上で、重要なものになる事は間違いなく、離婚の話し合いの中で最も重要な部分になります。
養育費についてはトラブルも考えられますが、しっかりと決めておきましょう。
養育費は具体的に支払われる方法や振り込まれる口座、また、毎月の月収の中からどのように振り込むのか、振り込みの期日は何日かという、細かな事も決めましょう。


離婚は戸籍上の問題もあります。
特に母親の場合ですが、婚姻中は夫の姓を名乗っていた場合旧姓に戻すのか、子供のことを考えてそのまま使用するかも決める必要があります。

離婚において決めなければならないことはたくさんあります。

離婚時に決める必要があること 関連記事