離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚を行う時の離婚届

離婚 慰謝料離婚の手続きは法律に沿って行われます。
離婚手続きは市役所へ婚姻届を出すようにはいかず、離婚届は受理されない場合があります。


離婚の手順は、夫婦お互いが同じ意志で離婚を決めたことが大切になります。
そして、離婚届を署名捺印して準備します。

夫婦で話し合ってお互いが了承する協議離婚であれば、市役所へ離婚届を提出すれば受理されるでしょう。これにかかる費用はかかりません。

離婚届には氏名・住所・本籍・父母の氏名などの記入欄があります。
これらは間違いなく記入します。
この記入欄には離婚の種類があり、夫婦で協議の上離婚を決めたのであれば、協議離婚の欄へ捺印します。

離婚届には子供がいれば、子供の戸籍の変更を届け出なければなりません。
これは、子供の親権や離婚後の子供の戸籍をどのようにするかを記載しなければなりませんので、離婚届を提出する前に決めておく必要があります。

離婚届には住居の居住についても記入するところがあり、婚姻をしていた間に同居していた期間を記入する所がありますので、いつか同居したか調べておきましょう。

これらの記入に際して、一つでも要求が通らない場合や、話し合いが合致しない場合は、裁判所が介入する調停離婚を行います。


離婚と毒気の書き方は、だいたいこのような感じで記入します。
離婚届の提出は、婚姻をしていた住所のある市役所へ提出をします。
提出する方は夫婦でなくても、どちらかで構いません。
また、郵送でも代理人でも構いません。しかし、訂正がある場合の確認のためにどちらかが同行する方がよいでしょう。
本籍地のある市役所以外の役所へ提出する場合は、戸籍謄本が必要になります。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚を行う時の離婚届 関連記事