離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚届を無効にする不受理申出書

離婚 慰謝料離婚届を間違って提出した場合の取り消しは出来るのでしょうか。

離婚届けの提出の無効は、離婚届に間違いがなければ市役所で受理されますので、提出の無効を申請する手続きが必要になります。

もし夫婦げんかで、勢い余って離婚届を提出すれば、間違っていなければこれは受理され、離婚が成立します。届け出の無効には無効の届け出が必要です。

しかし、間違いでなく故意に、勝手に離婚届を提出する場合があります。
例えば離婚の協議がもつれ、協議中であるにもかかわらず勝手に離婚届を提出した場合です。
このような例も考えられます。
この離婚に、子供の親権や財産分与の事から慰謝料のことまで、すべて要求が通ったと判断される事もありますので、夫婦どちらかに不利益が生じ、大変なことになる場合があります。

このようになった場合は、訴訟を起こし裁判を行って離婚届の無効を行います。それから離婚の協議を行い合意した上、離婚になります。
この場合、誤って提出された離婚届は、変更された戸籍からも抹消されます。


法律はこのような事態を招くことを防ぐ事を定めています。
これは「不受理申出書」の提出です。

この「不受理申出書」は市町村役場の窓口にあり、必要な事項を記入して窓口に提出するだけです。
提出場所は本籍地の市役所以外の窓口でも構いません。

これにより、離婚届が提出されても受理されることはありません。
ただし、この「不受理申出書」には有効期限があり、6か月を過ぎると効力を失います。
離婚の話し合いが長期化思想で、6か月を超えるようであれば、その都度「不受理申出書」の提出が必要になります。


離婚の話がまとまり、離婚届を提出する場合は「不受理申出書」の効力を解除するために「取下書」を提出にます。
この「取下書」の提出で、離婚届の提出が受理されます。

もし、離婚の話がもつれている場合や、財産分与や慰謝料について折り合いがつかないなど、深刻なトラブルになっている場合は、念のために、離婚届の「不受理申出書」を提出しておきましょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚届を無効にする不受理申出書 関連記事