離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚を行う方法エントリー一覧

協議離婚について
離婚が成立する夫婦のおよそ90%が話し合い、協議の上に離婚をする協議離婚を行います。この協議離婚について、協議の仕方や進め方を考えてみます。協議離婚は夫婦が話し合い、離婚について慰謝料や子供の親権や養育費になどについて、離婚後のことを決めます。しかし、当事者同士ではなかなか協議が進展しない場合が多く、第三者の介入が必要となります。この話し合いは離婚理由にもよりますが、夫婦どちらかの不貞や借金などの金銭にまつわる場合は、冷静な話し合いができず、合意するまでに長期化するケースがあります。このような場...
調停離婚について
離婚を行うときに夫婦どちらかが、離婚の話し合いにも応じない場合は、調停離婚を行います。離婚を行う場合は、まず夫婦の間で話し合いを持ちますが、この話し合いに応じない場合や、離婚の話し合いが折り合わず進展しない場合は、裁判所に離婚の調停を申し立てます。離婚の話し合いが折り合わないケースはよくあり、財産分与や慰謝料、子供の親権や養育費といった事が問題となります。更に、ドメスティックバイオレンスに遭っている場合のように、話し合いが暴力で邪魔をされるときにも、裁判所に離婚の調停を申し立てて調停離婚を行いま...
審判離婚について
離婚を進めるとき、夫婦で話し合いを行いますが、まず夫婦で離婚についお互いの気持ちを話し合います。離婚ということで意見は合っても、それぞれの要求が遭わないと調停離婚を考えます。家庭裁判所で調停委員を仲立ち人にして、離婚の協議を行います。しかし、夫婦のうちどちらかが調停離婚に応じない場合など、更に離婚を話し合う場所が設けてあります。それは、審判離婚です。審判離婚を行う場合には条件があります。その条件は、夫婦で離婚を行うことは決まっているが、夫婦どちらかが調停に出席出来ない場合は、審判離婚を行います。...
判決離婚について
離婚は夫婦がお互いに離婚の意思がある限り、離婚できるまで裁判所がサポートします。夫婦に離婚の意思があり協議離婚、調停離婚、審判離婚でも離婚が成立しなかった場合は、最期の方法として離婚訴訟を起こし裁判で決定を行います。これを「裁判離婚」といいます。裁判離婚はこれまで行った離婚の方法では、話し合いが折り合わず、離婚に至らなかった場合に、家庭裁判所の決定で強制的に離婚が成立します。このケースでは、子供の親権や養育費、慰謝料や財産分与といった深刻な問題で争うケースが多くみられます。裁判離婚であれば、夫婦...
裁判離婚における注意点
裁判離婚は、これまで行ったであろう協議や調停とはかなり違ったものになります。裁判離婚は、通常の裁判と同じで、離婚裁判だからといって何か特別なものはありません。また、通常であれば犯罪や訴訟ごとを起こさない限り、裁判所の法廷に立つことありません。このような非日常的なことは、とても疲れます。また不安もあります。裁判離婚について少しご紹介します。裁判離婚は、何度も話し合ったが意見が合わず合意に至らないので、最終的に判断を裁判所にゆだねる方法です。ですから、必ず離婚が成立するとは限らず、裁判所の裁量で変わ...