離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

調停離婚について

離婚 慰謝料離婚を行うときに夫婦どちらかが、離婚の話し合いにも応じない場合は、調停離婚を行います。

離婚を行う場合は、まず夫婦の間で話し合いを持ちますが、この話し合いに応じない場合や、離婚の話し合いが折り合わず進展しない場合は、裁判所に離婚の調停を申し立てます。

離婚の話し合いが折り合わないケースはよくあり、財産分与や慰謝料、子供の親権や養育費といった事が問題となります。
更に、ドメスティックバイオレンスに遭っている場合のように、話し合いが暴力で邪魔をされるときにも、裁判所に離婚の調停を申し立てて調停離婚を行います。


調停離婚は夫婦の話し合いの仲立ちを裁判所が行い、夫婦双方の話を聞きます。
そして、離婚が成立するように調整を行い、調停離婚になります。

調停離婚での話し合いは、夫婦別々に行われ、感情的になりやすい離婚原因の場合においても、冷静に協議することができます。

夫婦双方の言い分は一人の仲立ち人である調停委員が聞き、お互いの条件が折り合うように、何度も話し合いを行います。

調停離婚の話し合いは、一回の話し合いが30分から1時間程度で、1週間から1か月ほどの期間で行われます。
この協議が行われる間隔は、毎日ではなく数週間開けることもあります。

話し合いが合意し、離婚の合意がなされれば、調停調書が作成され離婚届も作成され、これが提出されて離婚が成立します。


調停離婚に立ち会う調停委員は、夫婦のことについて意見は述べません。
調停委員の役目は、夫婦お互いにアドバイスだけを行います。
また、夫婦どちらかの見方もしませんし、強制的に離婚の合意を取り付ける事もありません。

調停離婚の場合、協議の場に裁判所へ出席しないときは、5万円以下の罰金が科せられます。

調停離婚の仕方については相談窓口がありますので、離婚についての相談も行いましょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

調停離婚について 関連記事