離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

審判離婚について

離婚 慰謝料離婚を進めるとき、夫婦で話し合いを行いますが、まず夫婦で離婚についお互いの気持ちを話し合います。
離婚ということで意見は合っても、それぞれの要求が遭わないと調停離婚を考えます。
家庭裁判所で調停委員を仲立ち人にして、離婚の協議を行います。

しかし、夫婦のうちどちらかが調停離婚に応じない場合など、更に離婚を話し合う場所が設けてあります。
それは、審判離婚です。


審判離婚を行う場合には条件があります。
その条件は、夫婦で離婚を行うことは決まっているが、夫婦どちらかが調停に出席出来ない場合は、審判離婚を行います。
他にも審判離婚を行える条件はあり、離婚は夫婦で合意しているが、子供の親権や養育費、慰謝料に財産分与といったことで、双方の話がまとまらない場合に行います。
また、夫婦が審判離婚で離婚を願っている場合や、この反対に、離婚の意思が途中で変わり、離婚を破棄したい場合にも審判離婚が行われます。

このような条件で、離婚の調停委員は離婚が相当と公平な判断から認めた場合、家庭裁判所の審判で離婚が決定します。
この場合は、強制力のある裁判所の決定になりますので、速やかに離婚をしなければなりません。


ただこれにも、家庭裁判所の離婚の決定が取り下げられることがあります。
それは、夫婦がお互いに離婚を取り下げたいという意志があり、裁判所の決定から2週間以内に離婚の決定に意義を申し立てます。

この場合の手続きは、「審判確定証明申請書」を家庭裁判所へ提出します。
そして、「審判書謄本」と「審判確定証明書交付」の申請を行います。

更に、離婚審判確定後の10日以内に「離婚届」「戸籍謄本」「審判書謄本」「審判確定証明書」を、離婚の異議申立人の本籍地のある市役所へ提出します。


審判離婚を選択して行うケースは、子供の親権を早急に決めなければならない場合に行われています。

審判離婚は手続きも複雑になりますが、教生量のある家庭裁判所の決定になりますので、離婚は審判されます。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

審判離婚について 関連記事