離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

判決離婚について

離婚 慰謝料離婚は夫婦がお互いに離婚の意思がある限り、離婚できるまで裁判所がサポートします。

夫婦に離婚の意思があり協議離婚、調停離婚、審判離婚でも離婚が成立しなかった場合は、最期の方法として離婚訴訟を起こし裁判で決定を行います。
これを「裁判離婚」といいます。

裁判離婚はこれまで行った離婚の方法では、話し合いが折り合わず、離婚に至らなかった場合に、家庭裁判所の決定で強制的に離婚が成立します。

このケースでは、子供の親権や養育費、慰謝料や財産分与といった深刻な問題で争うケースが多くみられます。
裁判離婚であれば、夫婦お互いの要求はすべては通らず、公平な審判で離婚になります。


裁判離婚では、裁判が行われますので、離婚に関係する証拠の提出や、場合によっては離婚に関係する証人が必要な場合があります。
この場合証人は裁判に召集され、裁判で証言をしなければなりません。

裁判離婚は通常の刑事事件の裁判と同様に行われますので、裁判を開くには弁護士が必要になります。
この為に裁判費用や弁護士への費用もかかります。

裁判離婚は経費も時間もかかります。裁判離婚は裁判が始まってからおよそ1年から1年半ほどがだいたいの時間です。
しかし、夫婦どちらかが裁判所の決定に不服があり、不服申し立てを起こせば更に時間は長引きます。
この間弁護料もかかりますし、時間もかかり、夫婦お互いに精神的にも体力的にも疲労します。

裁判離婚は離婚を願う方が原告になり訴状を提出します。
手続きは「調停不成立証明書」と「戸籍謄本」を、本籍地のある住所を管轄する家庭裁判所へ提出します。

裁判所の決定は、離婚を決定するばかりでなく、和解を推奨する場合もありますので、必ず離婚が成立するとは限りません。
裁判所の裁量で、裁判が行われることを理解しましょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

判決離婚について 関連記事