離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

裁判離婚における注意点

離婚 慰謝料裁判離婚は、これまで行ったであろう協議や調停とはかなり違ったものになります。
裁判離婚は、通常の裁判と同じで、離婚裁判だからといって何か特別なものはありません。
また、通常であれば犯罪や訴訟ごとを起こさない限り、裁判所の法廷に立つことありません。
このような非日常的なことは、とても疲れます。また不安もあります。


裁判離婚について少しご紹介します。

裁判離婚は、何度も話し合ったが意見が合わず合意に至らないので、最終的に判断を裁判所にゆだねる方法です。
ですから、必ず離婚が成立するとは限らず、裁判所の裁量で変わり和解を推奨する場合もあります。

裁判離婚は通常の犯罪で裁かれる刑事裁判と何ら変わりはありません。
原告もいれば被告もいます。
裁判離婚の場合、原告は離婚の訴訟を起こした方がなり、配偶者が被告になります。
原則として離婚理由を作った有責配偶者(離婚の原因を作った夫婦のどちらか)からの離婚請求は認められていません。
つまり、浮気をした夫から裁判離婚の訴訟は出来ないと言う事です。

裁判離婚には弁護士の弁護が必要になります。通常の裁判と同様ですから弁護人が必要です。
この場合弁護士に支払う弁護費用がかかります。
また、慰謝料の請求を行う場合、この慰謝料の請求金額に対して、印紙代がかかります。
この金額は慰謝料に比例しますので、数十万から数百万になります。
この印紙は訴状に貼り裁判費用になります。

この他の費用では、訴訟費用がありますが、この費用は裁判の敗者が支払うことになっています。


費用以外のことでは、裁判では離婚したい理由や証言なども行わなければなりませんので、どのような証言をするか弁護士との相談が重要になります。
緒言によっては、人格的なことを問われ不利になる場合があります。
裁判では冷静に証言することが大切になります。


裁判離婚は話し合いの場所では合意しなかった場合に、訴訟を起こして開く裁判です。
解らない事がたくさんありますので、よく弁護士と相談し話し合うことが重要になります。


裁判を起こす際は訴状に貼る印紙代が必要で、この金額が訴訟費用になります。
訴訟費用は相手への慰謝料の請求額で異なり、請求金額が高ければ印紙代も高くなります。
離婚したいための裁判なら、慰謝料をいくらに設定したいのか弁護士と相談して決めておきましょう。
そして、原則として弁護士費用以外の訴訟費用は、敗訴者の負担となります。
裁判中は、離婚したい原因の説明や、証拠書類の提出や本人尋問・証人尋問による立証などが行われますが、その際には感情的にならないように注意しましょう。
場合によっては判決に不利になる可能性があり、不貞行為が原因なら不倫相手を侮辱する言葉などは、原告に人格的な問題があるとなりかねません。
また、当然ですが、嘘の証言や法律違反を犯したことで得た証拠などは厳禁です。
弁護士とよく話し合い、法廷に相応しい態度や、ある程度の法律知識を知っておくことも大切です。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

裁判離婚における注意点 関連記事