離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

話し合いで離婚できない時はエントリー一覧

離婚の時に争う財産分与
離婚を決めたとき、重要になることが財産分与です。このことはとても大切なことですから、お互いが十分に納得する条件で合意しましょう。財産分与で折り合いがつかずに、離婚調停が進まず、裁判に発展することも考えられます。それでは、財産分与とはどのようなことでしょうか。財産分与は、夫婦がその生活の中で築き上げた財産について、公平に分けることです。この財産分与にあたる財産は、あくまでも婚姻中に作り上げた財産ですから、借金があればこれも財産分与します。また、夫婦が結婚前に築いた財産については、財産分与はされませ...
離婚の慰謝料
離婚の協議でよく争われることが慰謝料です。慰謝料は、形のない物に対して支払われる対価ですから、争いの元になりやすい性格があります。慰謝料については、夫婦のどちらかに一方的に非がある場合には、慰謝料の請求もしやすいでしょうが、お互いに協議の上で離婚する場合は、けんか両成敗になります。最も慰謝料が支払われるケースとしては、不貞行為が遭った場合はほとんど請求できます。また、ドメスティックバイオレンスや借金、なた、犯罪を犯した場合や家庭を顧みなかった場合など、精神的な苦痛を受けた場合に、慰謝料は請求でき...
離婚で争点になる子供の親権
離婚の話し合いで、最も重要なことが子供の親権です。離婚を考えるとき、未成年の子供がいる場合は、離婚後のその子の親になる親権を決めなければなりません。この親権は、その子供の監護や日常の世話や教育を受けさせなければなりません。また、子供の財産の管理も行う責任者になります。離婚において親権で争う事は多くあり、協議で離婚する場合でもトラブルになりやすい事です。また、紫紺届けを提出する場合、子供の親権が夫婦のどちらにあるか記載しない限り、離婚は成立しません。離婚において子おどもの親権は最後まで争われること...
離婚後の養育費
離婚において、子供の親権が決まるとその子供の養育費のことを決めなければなりません。養育費は子供が成人するまでの生活費や教育費や医療費といった、子供の養育にかかる費用をいい、これを離婚後も養育する代わりに支払う費用のことです。養育費は、親権者でない場合でも子供の養育を行っていれば、もう片方の親から養育費を請求できます。養育費の金額は、夫婦の年収を考慮しますが、子供の年齢に関係して、高校までの期間や大学までの期間や、または成人するまでの期間や、さまざまな支払う期間と金額があります。養育費が支払われる...
離婚後の子供との面会交渉権
離婚後の子供のことで、子供と同居していない親が子供と会う機会があります。これは子供と面過員できる「面会交渉権」です。この「面会交渉権」は離婚の話し合いの中で決めることです。子供のことに関しては、親権や養育費などと一緒にこの面会交渉権を決めます。親権を得た母親には、合わせたくないと考える方もいますが、養育費を請求される以上は、正当に主張する権利です。離婚したからもう逢わせたくないと考える方は多くいます。これは養育費が途絶える原因にもなります。子供が面会をいやがるのなら、それは同居している親の責任も...