離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚の時に争う財産分与

離婚 慰謝料離婚を決めたとき、重要になることが財産分与です。
このことはとても大切なことですから、お互いが十分に納得する条件で合意しましょう。
財産分与で折り合いがつかずに、離婚調停が進まず、裁判に発展することも考えられます。

それでは、財産分与とはどのようなことでしょうか。

財産分与は、夫婦がその生活の中で築き上げた財産について、公平に分けることです。
この財産分与にあたる財産は、あくまでも婚姻中に作り上げた財産ですから、借金があればこれも財産分与します。

また、夫婦が結婚前に築いた財産については、財産分与はされません。
具体的にどのようなものが財産分要されるか紹介します。

婚姻中に築いたものでは、預貯金がこれに当たります。
また、家やマンションなど住居を購入していれば、これも入ります。
この他には、不動産や動産、株、生命保険もこれに当たります。

これらの財産はお互いに分け合いますが、不動産は物理的に半分に出来ないので、売却金額や評価額で算出し、現金か預貯金で分けます。

この財産分与は、離婚理由がどちらかにあり、不利なことがあっても同額で財産分与されます。

財産分与は、細かな物まで分けますが、実際の離婚では慰謝料を請求する場合に、この財産から慰謝料を取る場合があります。
高額な慰謝料を請求する場合、不動産などを当てることもあります。

また、離婚理由が不貞にあり、不貞を起こした配偶者が受け取る財産分与を、慰謝料の代わりに受け取ることもあります。

また、生活費を世窮した場合にも同様のことで、金額が大きくなれば、慰謝料の請求と同様のことが起きます。


財産分与は離婚の協議で最も争われることで、なかなか合意に至らないことの多いものです。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚の時に争う財産分与 関連記事