離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚の慰謝料

離婚 慰謝料離婚の協議でよく争われることが慰謝料です。

慰謝料は、形のない物に対して支払われる対価ですから、争いの元になりやすい性格があります。
慰謝料については、夫婦のどちらかに一方的に非がある場合には、慰謝料の請求もしやすいでしょうが、お互いに協議の上で離婚する場合は、けんか両成敗になります。

最も慰謝料が支払われるケースとしては、不貞行為が遭った場合はほとんど請求できます。
また、ドメスティックバイオレンスや借金、なた、犯罪を犯した場合や家庭を顧みなかった場合など、精神的な苦痛を受けた場合に、慰謝料は請求できます。

離婚の場合に請求する慰謝料は、婚姻生活に対しての損害賠償や婚姻を解消する手切れ金のような意味合いがあります。

慰謝料の請求で重要になることは、離婚理由が夫婦双方のどちらにあるか、離婚原因の所在です。
慰謝料を請求する場合に、請求しやすいように、原因がどちらにあるかハッキリさせることです。
離婚原因の所在は正確でなければ、慰謝料の請求ができない場合があります。

離婚原因が夫婦どちらかの不貞にあり、感情にまかせて法外な金額の慰謝料を請求しても、離婚調停が長引くだけで、合意には至らずいつまでも平行線になります。
慰謝料の請求金額にも適切な限度額があり、常識の範囲内で請求しましょう。

離婚を早く進めるには、相手が納得する金額にすることも大切です。

一般に離婚の場合に支払われる慰謝料の金額は、100万円から200万円が提琴的な金額です。
しかし。慰謝料は現金で一括で支払われる正確のものではなく、財産分与などの金額に上乗せされた財産で支払われます。

慰謝料は、離婚理由が不貞にあり、その場合は不貞の相手からも慰謝料を請求することができます。
また、離婚原因が配偶者の親族である場合にも、その親族から慰謝料を請求することができます。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚の慰謝料 関連記事