離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚で争点になる子供の親権

離婚 慰謝料離婚の話し合いで、最も重要なことが子供の親権です。
離婚を考えるとき、未成年の子供がいる場合は、離婚後のその子の親になる親権を決めなければなりません。
この親権は、その子供の監護や日常の世話や教育を受けさせなければなりません。
また、子供の財産の管理も行う責任者になります。

離婚において親権で争う事は多くあり、協議で離婚する場合でもトラブルになりやすい事です。
また、紫紺届けを提出する場合、子供の親権が夫婦のどちらにあるか記載しない限り、離婚は成立しません。

離婚において子おどもの親権は最後まで争われることもあり、調停離婚や審判離婚、裁判離婚で争点になることもあります。
裁判離婚で夫婦の合意がない場合は、裁判所の決定で親権が夫婦どちらかに決められます。

子供の親権を決める場合にさまざまな条件が加味されます。
それには。子供の福祉が最優先され、離婚後の経済や住宅の環境、また、どちらの親が子供に対して愛情や子育ての意欲があるかなど、事細かに判断されます。

子供の親権は、収入が多いから決まるものではなく、住居の環境がよいこと、教育環境がよいだけでは親権は得られません。
これには、どちらの親の親族から援助が受けられるか、どちらの親の生活が子おどもにとって良いものになるかなどが判断され、子供の親権が決まります。

子供の親権を決める場合に、多いとされるケースでは、子供が10歳未満であれば、母親の親権が認められることが多く、子供が乳幼児であればほぼ母方に親権が移ります。
子供の年齢が中学生の年齢ぐらいになると、子供の意見が尊重されます。
子供に兄弟姉妹がある場合でも、父方と母方に分かれて親権が決められることもあります。

子供の親権は決定後も変更することはでき、また、親権がなくても子供を育てることはできます。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚で争点になる子供の親権 関連記事