離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚後の養育費

離婚 慰謝料離婚において、子供の親権が決まるとその子供の養育費のことを決めなければなりません。

養育費は子供が成人するまでの生活費や教育費や医療費といった、子供の養育にかかる費用をいい、これを離婚後も養育する代わりに支払う費用のことです。

養育費は、親権者でない場合でも子供の養育を行っていれば、もう片方の親から養育費を請求できます。

養育費の金額は、夫婦の年収を考慮しますが、子供の年齢に関係して、高校までの期間や大学までの期間や、または成人するまでの期間や、さまざまな支払う期間と金額があります。
養育費が支払われる方法は、毎月の振り込みが最も多いケースです。
また、養育費の支払われる金額は、最も多いケースで金額は2万円から3万円です。

裁判所が決定する養育費は、「養育費算定表」や「生活保護基準方式」を用いて査定されて算出されます。
養育費は、社会的な構造上父方には不利な条件が多く、母方に支払われる養育費が有利に働いているケースがあります。
また、特に女性に多いことですが、あまりにも当然のような養育費の請求をする場合があり、男性の生活を脅かし、離婚後お生活の回復を遅らせる結果になることがあります。

また、離婚後の男性の生活を全く無視した考えを持つ方もいて、離婚は平等である概念は崩れている部分があります。

離婚後に養育費の支払いを約束したにもかかわらず、支払われないことはあります。
ですから、養育費は受け取れるものとは限らないことは、覚悟した方がよいです。
近年の社会事情を考えると、経済的にも支払えないケースがあり、社会的に援助が少ない父方には、子供がいてもいなくても養育費が出せないケースは増加しています。

養育費が支払われないケースは、およそ半分の場合にあるようですが、これは、父方に子供にも逢わせないで養育費だけを請求しても、支払えないと思う方は多くいます。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚後の養育費 関連記事