離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚後の子供との面会交渉権

離婚 慰謝料離婚後の子供のことで、子供と同居していない親が子供と会う機会があります。
これは子供と面過員できる「面会交渉権」です。

この「面会交渉権」は離婚の話し合いの中で決めることです。
子供のことに関しては、親権や養育費などと一緒にこの面会交渉権を決めます。

親権を得た母親には、合わせたくないと考える方もいますが、養育費を請求される以上は、正当に主張する権利です。
離婚したからもう逢わせたくないと考える方は多くいます。
これは養育費が途絶える原因にもなります。

子供が面会をいやがるのなら、それは同居している親の責任も考えられます。
子供にとって同居していない親と逢うことが、マイナスになることだけではなく、プラスになることもあります。
もとは親の離婚から起きた事態ですので、これは両親が理解し、積極的に面会させた方がよいでしょう。


面会交渉権は具体的に、どのようなことが認められているでしょうか。

通常、多くあるケースでは、月に数回の面会と電話などの連絡や手紙のやり取りが認められています。
面会は子供の福祉を考えると、片親で育つことがよくないことを十分に理解して、面会を行うことが大切です。


面会交渉権を最も拒否できるとしたら、ドメスティックバイオレンスが離婚理由で、子供と面会させれば危険が生じる場合でしょう。
おそらく不貞が離婚理由の場合も、面会は不適切と考えるでしょうが、すべてのケースがそうとは限らないでしょう。

子供に危険がない限りは、どちらかの親の感情だけが問題である場合が多いので、面会は積極的に行う方がよいでしょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚後の子供との面会交渉権 関連記事