離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚の進め方エントリー一覧

離婚後の戸籍と姓の選択
離婚の場合にこれまで名乗っていた姓について、どのようにするか決めなければなりません。これを決めるのは女性の場合が多く、結婚と同時に父方の姓に変更していると思います。離婚をすれば戸籍は別々になりますので、戸籍をどのようにするか、また、子供の姓をどのようにするか考えなくてはなりません。また、戸籍についてはいろいろと法律で定められていますので、法律相談などを利用して、よい方向で決めましょう。離婚後の姓について少しご紹介します。離婚後の戸籍は別々になりますが、戸籍の筆頭者が夫である場合は、妻は夫の戸籍か...
離婚の時に見方になる弁護士
離婚を決めたが、これから協議や調停が始まると、手続きや法律のことが全くわからない方が多いことでしょう。離婚のことでわからないことは、弁護士に相談をします。離婚の話し合いが合意に至らず、話がもつれている場合にも弁護士の塚らを借ります。離婚の協議で唯一自分の見方になって、サポートしてくれる方が弁護士です。離婚の協議のなかで最も争うことが、お金にまつわることや子供のことについてです。これらのことは、素人では全く解らないことや、方法や手続きや金額の決め方など、弁護士に聞かなければわからないことばかりです...
離婚の方法として探偵を
離婚を考える夫婦で、離婚理由が不貞であれば、その怒りは収まりがつかないものでしょう。このような場合の離婚は、なかなか有利になる証拠がつかめずに、どうしようか考える方もいるでしょう。不貞の証拠を自分でつかもうとして、なかなかうまくは行きません。もし、不貞の証拠探しが相手にばれてしまえば、離婚もできなくなることもあります。明らかに相手が怪しい行動を行っているとしても、それはなかなか認めたりはしません。離婚はやはり世間体の悪いもので、あまり人には知られたくないものです。不貞の場合においては、確実な証拠...
離婚に応じない場合は証拠を集める
離婚の話を進める中で、相手がなかなか離婚に応じない場合、良い方法はあるでしょうか。離婚の話し合いに応じないケースはよくあります。離婚の話し合いの応じないケースで多いケースは、不貞などの浮気の事情がある場合などで、このケースでは相手が離婚の意志がない場合があります。また、DVの場合暴力で脅し、離婚の話をないものにする場合や、離婚させないように脅す場合もあります。このような場合は、離婚にはなかなか至らず、裁判離婚の訴訟を起こす場合も考えられます。この場合は、いくら話の場所を設けても、話は平行線のまま...
離婚するときに行う別居
離婚を考える夫婦は、どうしても感情的になり、離婚の話がまとまりません。離婚の話は冷静に行えばスムーズに行くでしょうが、なかなかそうはいきません。この場合の冷静さを取り戻す方法として、別居を考える方法もあります。少しの期間住まいを別にして、離婚について離婚後のことなどを考えれば、違う考え方や、将来に向けた考え方が変わるかも知れません。これは夫婦どちらに対しても同じことがいえます。夫婦の別居は、勝手に行ったり家出をしてはなりません。これは、法律で定められていて、婚姻中は同居しなければならないと定めら...
離婚後の公的援助
離婚後の生活について、公的援助が受けられることも知っておきましょう。これは、ほとんどが母子家庭が対象で、父子家庭にはほとんどありません。公的援助には、子供に向けた「児童福祉手当」や「児童扶養手当」があります。更に、母子家庭にのみ行われている公的援助があります。これには「母子福祉資金の貸付制度」「母子生活支援施設の利用」「義務教育就学援助制度」といったものがあります離婚後の生活を考えて、不安があるようでしたら公的援助について調べ、どのようなものか理解しいておきましょう。これらの公的援助には、さまざ...