離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚後の公的援助

離婚 慰謝料離婚後の生活について、公的援助が受けられることも知っておきましょう。
これは、ほとんどが母子家庭が対象で、父子家庭にはほとんどありません。

公的援助には、子供に向けた「児童福祉手当」や「児童扶養手当」があります。
更に、母子家庭にのみ行われている公的援助があります。
これには「母子福祉資金の貸付制度」「母子生活支援施設の利用」「義務教育就学援助制度」といったものがあります

離婚後の生活を考えて、不安があるようでしたら公的援助について調べ、どのようなものか理解しいておきましょう。


これらの公的援助には、さまざまな条件ありこれと合致した場合、公的援助の申請を行います。
公的援助は父子家庭には援助の少ないものです。
また、どの制度も日本国内に住所か無ければ受けられない援助です。

公的援助には母子父子家庭医療費助成、水道・下水道料金の減免、所得税・住民税・自動車税の減免、公立高校の授業料減免、私立高校の授業料軽減貸付などがあります。

これらの援助を受けて、子供の養育や生活が立てられるか、離婚の前に考える必要があるでしょう。
勢いだけで離婚すると、離婚後の生活が困窮することがあります。
この部分は良く考えましょう。


公的援助には、通常の生活ができない場合に、生活保護という制度があります。
これは、国民の最低限の生活を保障するという法律に基づいて、行われる制度です。
これを受ける条件は、最低限の生活ができない場合に適用されます。

生活保護を受けるには、さまざまな条件がありますが、子供のことを考えるなら、この援助も大切になります。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚後の公的援助 関連記事