離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚後の戸籍と姓の選択

離婚 慰謝料離婚の場合にこれまで名乗っていた姓について、どのようにするか決めなければなりません。
これを決めるのは女性の場合が多く、結婚と同時に父方の姓に変更していると思います。

離婚をすれば戸籍は別々になりますので、戸籍をどのようにするか、また、子供の姓をどのようにするか考えなくてはなりません。
また、戸籍についてはいろいろと法律で定められていますので、法律相談などを利用して、よい方向で決めましょう。


離婚後の姓について少しご紹介します。

離婚後の戸籍は別々になりますが、戸籍の筆頭者が夫である場合は、妻は夫の戸籍から除籍になります。
この為に妻は、新しい戸籍を作るか、親の戸籍に結婚前のように戻るか決めます。
この場合の姓を夫の姓を名乗るか、結婚前の姓に戻すかは、選択は自由です。
事後とを持たれている方は、そのまま夫の姓を名乗られる方も多いようです。

夫の姓をそのまま名乗る場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届」を離婚後3か月以内に市役所へ提出しなければなりません。

また、期間を過ぎて急性を名乗る場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可」の申し立てを行います。
しかし、この申し立てはなかなか難しく、変更が大変です。


離婚したときに子供がいる場合は、姓の変更は更に複雑になります。
夫婦の戸籍の筆頭者が夫の場合、離婚後子供の親権が妻で、子供と妻が同居をしていても子供の姓は夫の姓になります。
しかし、これは変更することができます。

子供の姓についてはその子供の年齢が15歳以上であれば、その子供の意思でどちらの姓にするか、また戸籍をどのようにするか決めることができます。
子供の姓について更に、その子供が成人したときに再び変更ができ、20歳から21歳迄の1年間に市役所で変更手続きが行えて、姓と戸籍がどちらにするか選択することができます。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚後の戸籍と姓の選択 関連記事