離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚に応じない場合は証拠を集める

離婚 慰謝料離婚の話を進める中で、相手がなかなか離婚に応じない場合、良い方法はあるでしょうか。

離婚の話し合いに応じないケースはよくあります。
離婚の話し合いの応じないケースで多いケースは、不貞などの浮気の事情がある場合などで、このケースでは相手が離婚の意志がない場合があります。

また、DVの場合暴力で脅し、離婚の話をないものにする場合や、離婚させないように脅す場合もあります。

このような場合は、離婚にはなかなか至らず、裁判離婚の訴訟を起こす場合も考えられます。
この場合は、いくら話の場所を設けても、話は平行線のままでしょう。
DVがひどい場合は、暴力の被害が恐ろしくなり、離婚の話も出来なくすることもあります。


しかし、離婚の話はいつか解決しなければなりませんので、今、離婚の話をしなくても問題が先送りになっただけで、問題は解決していません。

離婚の理由が酒乱、借金などの場合は、日常の生活に影響が出ますので、一刻も早く離婚を成立させたいものです。

離婚を考えるのなら、強い意志を持って相手と話し合うか、暴力にも立ち向かう覚悟が必要なこともあります。
色々なことに恐怖を感じることもあるでしょうが、強く意思を持って立ち向かいましょう。


なかなか離婚の話に応じない場合に、離婚の協議に有利に働く証拠を集める方法があります。
離婚の原因となる証拠は、調停や協議の上で離婚の条件に有利に働きます。
証拠には色々なものがあります。
不貞の場合であれば、浮気の証拠やその証言が重要になります。

更に具体的なものでは、不貞が離婚理由なら証拠になる写真や電話の通話履歴、また、クレジットカードの明細など、証拠として残るものはすべて取っておきます。
離婚理由がDVであれば、ケガをしたときの医師の診断書も証拠になります。


離婚の話に応じない場合は、離婚の理由になる証拠を集める方法が離婚成立につながります。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚に応じない場合は証拠を集める 関連記事