離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚するときに行う別居

離婚 慰謝料離婚を考える夫婦は、どうしても感情的になり、離婚の話がまとまりません。
離婚の話は冷静に行えばスムーズに行くでしょうが、なかなかそうはいきません。
この場合の冷静さを取り戻す方法として、別居を考える方法もあります。

少しの期間住まいを別にして、離婚について離婚後のことなどを考えれば、違う考え方や、将来に向けた考え方が変わるかも知れません。
これは夫婦どちらに対しても同じことがいえます。

夫婦の別居は、勝手に行ったり家出をしてはなりません。
これは、法律で定められていて、婚姻中は同居しなければならないと定められているからです。
勝手に家を出ると「同居義務違反」といい、法律にふれます。

また、同意もなく別居をして、相手の話を聞かないなど、無視したような行動は「悪意の遺棄」といい協議の上で不利になります。

別居をする場合は相手と同意の上、別居を行います。これが正しい方法です。
夫婦げんかで家を出るときにも、「同居義務違反」となる場合がありますので、気を付けましょう。


しかし、DVで暴力により身の危険がある場合は、速やかに別居した方が良い場合がります。
DVがひどい、または酒乱で暴力が絶えない場合は、緊急に避難しなければならないこともあります。
このような場合の「同居義務違反」にはあたりません。

別居に同意が得られない場合でも、電話や手紙で相手に知らせる必要があります。
別居中の生活費については、「婚姻費用分担義務」がありますので、生活費を請求することができます。
また、子供の養育費についても、請求することができますので、必要ならば行いましょう。


離婚を考えるとき、少し迷いがあるのならば、別居を行って今の生活を省みてみましょう。 離婚したい,離婚,慰謝料,養育費,理由

離婚するときに行う別居 関連記事